小規模製造業の取締役経験から《製造》《販売》《総務》などの様々な視点から支援。
 事業全体から個別の職務に対する支援まで様々な視点から支援。
 講義や討議形式のセミナー、寄り添い型のコンサルティングどちらでも対応可能です。

 セミナーやコンサルティングの一例を記します。
 また、2019年度主なセミナー実績は下記のアイコンで確認することができます。


販路拡大・販促支援

販路拡大支援

 販路を広げるためにはどのような取り組みから始める必要があるのか。未開拓の市場(地域・業種)に対しどのような手順で進める必要があるのか 。

 さらには、製造業の繁忙期と閑散期の悩みを強みに変換させる施策など。

 机上の空論ではなく、現場に即した内容にて御支援させていただきます。


営業促進支援

 営業の基礎から応用までの具体的な手法や御客様と繋がるためのステップなど。

 営業にとって一番大切なことはなにか。実話を踏まえた失敗談から成功談にて御説明させていただきます。

 弊社の営業手法を参考とし、自分に適さないと感じたら取り入れない勇気も大切です。不適合な営業手法では御客様の前で笑顔は消滅します。


安全教育・作業効率

 現場に携わる人が安全に作業できるために取り組むことは何か。ヒューマンエラーや5S、また、その具体的な取り組み方について。

 知識だけではなく意識を変える必要性。作業者の意識を変えるために取り組むこと、そしてその一歩とは何か。

 討議方式を中心とし参加者が考え、様々な意見から一つの答えを導く活気ある場を御提供します。


リスクアセスメントセミナー

 リスクアセスメントとは何か?リスクアセスメントと危険予知(KY)活動の違いとは何か。現場でのリスクアセスメント必要性から取り組み方まで。

 リスクアセスメントは、作業者だけではなく社員一丸となって取り組むから効果を発揮するため知識や見解が異なる。それを統一する方法。

 危険な現場をより安全な現場に近づける手法を討議方式を中心に御説明させていただきます。


職長・安全衛生責任者教育

 福岡県を中心とする出張形式による職長・安全衛生責任者教育です。

 現場から離れることができない職長(リーダー)に対し、各職場で、 少人数でも 実施可能いたします。慣れ親しんだ職場で実施することにより、現場に沿った教育に取り組む事が可能となります。

 労働安全衛生規則60条で定められている14時間のカリキュラムを複数回に分けて開催することで仕事に支障なく受講できます。

 討議方式により活気ある有意義な研修時間を提供いたします。


総務コンサルティング

 会社にとって最も大切なのは「人」。企業価値を高め、競争力のある会社となるには、「人」 により大きく左右されます。

 法令の基準を満たす形だけの 「働き方改革」 ではなく、企業の労働環境の改善や労務問題の解決により活気ある職場作りを支援します。