半製品の製造委託でモノづくり産業を繋ぐ

 製造業には年間を通して繁忙期と閑散期があり、その高低差を少しでも縮め常に安定した生産体制を構築できることが理想。

 株式会社クロステックでは、閑散時期の余剰時間を活用して半製品を制作してもらい、繁忙時期の他企業に当半製品を提供します。

 当サービスにより、製造業では繁閑期の高低差を縮めることができ、生産性向上を図ることが可能となります。


【製造業の繁忙期・閑散期の課題】

製造業における繁忙期と閑散期の課題

 同一企業であっても一年を通して繁忙期と閑散期があります。繁忙期は長時間労働や休日労働が続き猫の手も借りたいほど慌ただしい日々。閑散期は生産調整を余儀なくされるなど閑古鳥が鳴く始末。

 会社の理想は、一年を通じて年間平均値で稼働できることが望み。しかし、社内の調整だけで繁閑期の高低差を無くすことは困難です。


【繁忙期と閑散期の理想】

製造業の繁忙期・閑散期の悩み

 繁忙期と閑散期が存在することは当たり前であると捉えてしまい、高低差を縮めることを諦めている人も多い。社内で解決できないのであれば輪を広げ親交のある他社へ。しかし同業者では繁閑期の波が類似。異業種は交流なく躊躇。
 異業種への販路拡大のため新事業を展開することは人手不足のため困難です。

 株式会社クロステックは、御客様が専門性を持った主たる事業に専念できることを支援します。


【具体的なサービス方法】

繁忙期及び閑散期に対策を講じたい会社に対する具体的な打ち合わせ事項

 株式会社クロステックが閑散時期の企業から半製品を仕入れ、繁忙時期の企業へ納品いたします。
 商談は信用取引の観点から常に対面で実施。サービスの始点は繁忙期対策、閑散期対策の双方から可能です。仕入れ時には現物と図面の2つの観点から精査し、販売時には既存の業種や地域だけでなく異業種への販路拡大を図ります。

 また当サービスは、繁忙期と閑散期の差を縮める目的から年間を通じた毎月取引を要す必要性はありません。

半製品(はんせいひん)とは、工業簿記または企業会計において、製造途中にある製品のこと。原材料をいくらかでも加工してあれば認識される仕掛品とは異なり、それ自体が製品として販売可能な状態であるが、企業にとっては製造途中であるものが半製品として認識される。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』